ピューレパール アットベリー 比較

ピューレパールとアットベリーではどちらを買えばいいの?

脇の下が気になって吊革に掴まるのに抵抗がある、黒ずみが気になってあまり肌を露出できない、人に見られるのが恥ずかしい、このような悩みを抱えている方もいるでしょう。

 

黒ずみを気にすることなくファッションを楽しんでみたい!

 

そんな方を手助けしてくれるクリームがピューレパールとアットベリーです。

 

それでは、それぞれどのような特徴のあるクリームなのか比較して見ていきましょう。

 

ピューレパールの特徴

 

黒ずみは主に刺激で生じます。

 

毛抜きやカミソリでムダ毛を処理したり、衣服の摩擦などによる刺激でメラニンの生成が促進されます。

 

さらに、脱毛した後の肌は乾燥していて敏感になっています。

 

黒ずみができる肌はダメージを受けていて弱っています。

 

そのため、黒ずみをケアするには肌に潤いを与えて肌の力を回復できるようにサポートしてあげることが大切です。

 

ピューレパールには黒ずみをケアするための7つの成分が配合されています。

 

肌に潤いを与える7つの成分が、トリプルコラーゲン、トリプルアルヒロン酸、プラセンタ、天然ビタミンE 、セラミドです。

 

肌に潤いを与えることによって、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が整います。

 

黒ずみに直接作用する成分が、グリチルリチン酸2K、プラセンタ、米ぬかです。

 

メラニンの生成を抑制することによって、シミやソバカスの発生を防ぎます。

 

さらに、独自の技術を使って成分をナノ化しています。

 

黒ずみができて硬くなり、ガサガサした肌には成分が浸透しにくいのですが、ナノ化をすることによってすんなりと浸透しやすくなります。

 

そして、高分子アルヒロン酸で肌の表面の潤いを保ちます。

 

黒ずみができる肌は敏感になっています。

 

そんな肌に刺激を与えると黒ずみがさらに悪化する可能性があります。

 

しかし、ピューレパールは低刺激で、着色料、合成香料、石油系界面活性剤、シリコン、紫外線吸収剤は配合されていません。

 

アットベリーの特徴

 

アットベリーはトリプルサンド方式を採用しています。

 

トリプルサンド方式とは内側と外側からケアをすることです。

 

内側をケアする成分がコラーゲンやオリゴヒアルロン酸です。

 

ナノ化することによってすんなりと内側に浸透します。

 

外側をケアする成分が高分子アルヒロン酸です。

 

分子が大きい成分なので肌の表面にとどまり、外側をケアしてうるおいを保ちます。

 

刺激への対策も完璧です。

 

エラスチンやセラミドなどの保湿力を保つ成分が外部の刺激から肌を守ります。

 

アットベリーは美容成分97.8%、高濃度配合で作られています。

 

配合されている美容成分は、5種類の美白成分、5種類の植物成分、6種類の保湿成分、それに加えてにおい対策の成分も配合されています。

 

また、乾燥肌や敏感肌についても考えて作られています。

 

アットベリーには着色料、石油系合成界面活性剤、紫外線吸収剤、シリコン、アルコール、パラベン、鉱物油は使用されていません。

 

判定はピューレパールの勝ち

 

ピューレパールが勝っている理由は2つあります。

 

@容器がコンパクト

 

秦肌の黒ずみを治すには、毎日地道にケアを続ける必要があります。

 

ピューレパールの容器は30グラムでとてもコンパクトです。

 

携帯しやすく、旅行先でも手軽にケアを続けることができます。

 

対して、アットベリーは容器が60グラムです。

 

大きいので携帯しにくく、旅行先でのケアには向いていません。

 

A顧客満足度が高い

 

ピューレパールの使い心地は満足度100%です。

 

利用者の81.7%が黒ずみをケアできた、 81.6%がしっとりとした潤いを実感できた、92.9%が肌がベタつかずに使うことができた、98.5%が手入れが簡単だったと回答しています。

 

女性1422人を対象としたアンケート調査では、ノースリーブを着ていても怖くない、敏感肌でも大丈夫、さらっとしていて使いやすい、おしゃれを楽しむことができるようになったといった感想が出ています。