ピューレパール 妊娠中 妊娠線

ピューレパールは妊娠中に使ってもいいの? | 妊娠線への効果は?

体の黒ずみに悩んでいる女性は案外多いものです。

 

そんな黒ずみをケアするために生まれたピューレパールは、脇以外にも体の様々な黒ずみに使うことができます。

 

女性にとっては、妊娠すると普段よりも黒ずみが目立つようになったり、妊娠線が気になるようになります。

 

ピューレパールは妊娠中でも使うことができるのでしょうか?

 

また、妊娠線を解消するのにも役に立つのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

妊娠中は使わない方がいい

 

ピューレパールは、低刺激、無添加にこだわって作られた美白ケア用品なので敏感肌の方でも使うことができます。

 

そのため、妊娠中でも使えそうな気がするのではないでしょうか。

 

しかし、妊娠中は普段よりも肌が敏感になってきます。

 

また、今までに全く刺激を感じていなかったものや反応がなかった成分でも痒みや赤み、発疹などが生じることもあります。

 

ピューレパールは、低刺激なので肌に優しい製品ではありますが、マタニティー専用の肌ケア用品ではありません。

 

しかし、ピューレパールの成分には胎児に影響を及ぼすような成分は含まれていません。

 

そのため、妊娠していることに気づかずにピューレパールを使ってしまったとしても、胎児に影響を及ぼす心配はありません。

 

しかし、ピューレパールには黒ずみを解消できる美容成分が高濃度で配合されています。

 

美容成分が高濃度で配合されているので、その分だけ効果が高いと考えられますが、逆にその分だけ妊娠中の肌にトラブルを引き起こす可能性もあります。

 

そのため、なるべく妊娠中に使うのは控えた方がいいでしょう。

 

出産後もピューレパールがあれば十分

 

妊娠中はホルモンの影響でメラニンが増えやすくなるので、黒ずみが増えてしまうものです。

 

しかし、出産後にピューレパールを使ってケアすれば十分です。

 

というのも、ピューレパールは黒ずみの発生を予防するだけではなく、すでにできてしまった黒ずみを解消する事にも効果が期待できる美白ケア用品だからです。

 

そのため、肌の状態が不安定になりがちな妊娠中には使わず、出産後から使い始めても肌の黒ずみを解消することができます。

 

ターンオーバーを健康的にしてくれる成分や美白成分がふんだんに配合されているので、しっかりと黒ずみをケアしてくれます。

 

朝と夜の1日2回、きちんと継続して使っていけば、出産後からケアを行っても肌の黒ずみを解消させていくことができるのです。

 

ピューレパールは妊娠線を消すことができるの?

 

ピューレパールは、特に妊娠線への効果をアピールしている肌ケア用品ではありません。

 

しかし、お腹の中央にできた黒色の正中線には十分効果を発揮してくれるでしょう。

 

というのも、正中線はメラニンによって生じた線なので、美白成分がふんだんに含まれているピューレパールなら最適なケアが期待できます。

 

また、スイカ模様のような妊娠線はメラニンが原因ではなく、肉割れが原因です。

 

そのため、美白にするだけでは妊娠線を消す事ができません。

 

それでは、このような肉割れによって生じる妊娠線の場合、ピューレパールには効果が期待できないのでしょうか?

 

「効果はないんじゃないの? 」と感じるかもしれませんが、実はピューレパールにはこのような妊娠線にもある程度の効果が期待できます。

 

というのも、ピューレパールにはターンオーバーを促進する成分と高い保湿力のある成分が配合されているからです。

 

妊娠線は肌が乾燥した状態だと非常に目立つので、肌に潤いを与えて柔軟にすることが大切です。

 

また、ターンオーバーを促進することで、少しずつ妊娠線を薄くすることができます。

 

ターンオーバーを促進することによって、黒ずみの少ない皮膚に生まれ変わるので、妊娠線を目立たなくすることができるのです。

 

とはいえ、ピューレパールは断裂した真皮を妊娠前と同じ状態に回復させる事はできません。

 

これは、ピューレパールだけでなく、スキンケア用品全般において不可能なのです。

 

しかし、肌に潤いを与えることでターンオーバーを促進し、妊娠線を気にならない程度にすることはできるので、出産後にピューレパールを使ってケアする事をお勧めします。