ピューレパール 成分

ピューレパールに配合されている黒ずみケアに有効な成分

ピューレパールはどんな部位でも使うことができることで注目されている美肌ケアジェルです。

 

膝や肘、脇、 Vラインにも使うことができるので、全身を美しく保つことができそうです。

 

そんな話題のピューレパールですが、なぜそれほど高い効果が期待できるのでしょうか。

 

ここではピューレパールに含まれる主要成分と、それがもたらす効果についてお伝えします。

 

ピューレパールの主要成分はプラセンタ、グリチルリチン酸2K、米ぬかエキス、コラーゲン、セラミド、天然ビタミンE、トリプルアルヒロン酸の7種類です。

 

中でも、肌の黒ずみに有効な成分とされているのがグリチルリチン酸2Kと水溶性プラセンタエキスです。

 

この2つの成分は、ターンオーバーを促進することで、メラニンを分解し、黒ずみの原因に直接働きかけます。

 

これだけならどんな肌ケア用品にもありそうですが、ピューレパールが他よりも優れているのは超高濃度美白成分と、独自技術によって角質に浸透することです。

 

どれだけ良い成分を配合していても、肌に浸透しなければ意味がありません。

 

一般的に肌にはコラーゲンが浸透しにくいと言われています。

 

これはコラーゲンだけに言えることではなく、どんな成分であっても角質層に届かなければ効果を期待することはできません。

 

しかし、ピューレパールは独自技術で角質層にしっかりと浸透していくように作られています。

 

独自技術とは成分を微粒子化することで、それによって角質層に浸透しやすいものになっているのです。

 

これがピューレパールが黒ずみに悩んでいる多くの方々から支持されている理由です。

 

また、ピューレパールに配合されている主な成分を見る限り、かなり効果が期待できそうな美白成分が含まれています。

 

例えば、米ぬかエキスは美白に有効な成分として知られています。

 

ところが、口コミを見てみると、効果がなかったという人もいます。

 

これは単に使用期間が足りなかっただけです。

 

お肌には28日というターンオーバーのサイクルがあるため、すぐに効果が出ないと決めつけてしまうのはもったいないです。

 

肌へのダメージが大きいほど、効果が出るのに時間がかかるかもしれません。

 

しかし、黒ずみの原因を解消する成分がたくさん含まれているので、いずれは効果が期待できます。

 

そのためにはしっかりと毎日継続することが大切です。

 

毎日朝晩の2回使用し、最低でも3ヶ月以上継続することをおすすめします。